オオムラサキ   

最初は花の名前かと思ったのですが、オオムラサキは国蝶なんだそうです。

朝5時起きで山梨の北杜市へ向かいました。
長野にもう少しのところです(遠い)
オオムラサキ自然観察歩道を少し歩いたのですが、
時期が早かったのか、全く気配はありませんでした。
大好きなホタルブクロの花が綺麗に咲いていました。

オオムラサキ生態観察施設がある長坂のオオムラサキセンターでは
羽化したオオムラサキが施設の中に舞っていました。(200頭くらいとか)
幼虫、さなぎも観察でき小さな男の子達が興味津々で
係員さんからの説明を聞いていました。

もうすぐ羽化しそうなサナギに張り付いたままの蝶オタクなお兄さん?が
「バナナに紹興酒とカルピスをしみ込ませると寄ってくる」
「さなぎから脱皮するには体とサナギの殻がちゃんと離れてからでないと羽化できずに死んでしまう」
「羽を広げかけている途中に羽が何かに触ると羽が伸びきらずに失敗してしまう」
などなど周りの来園者にいっぱい解説をしてくれていました。
私は足が疲れていたのでそばの椅子に偶然座っていたおかげで
説明をフムフムと聞いていました。


帰りに白州塩沢温泉「フォッサ、マグナの湯」という温泉によってゆったりとして帰ってきました。
ぬるめでずっと入っていても大丈夫な温度で寝湯で入ったのでリラックスできました。
c0007501_2219328.jpg
c0007501_22192525.jpg
c0007501_22195755.jpg

[PR]

by zurepiko | 2007-07-01 22:20 | 旅行

<< ニャンコはクローゼットに自分で入る 大冒険with引率者 >>